万華鏡専門ショップ「創心万華鏡」のブログです。
<< - 制作 - 和菓子と私 | main | - 制作 - 氷河のヒカリ >>
- 制作 - 私と和菓子

Azuki drops

  would you like one?

IMG_1715.JPG

 

FullSizeRender-5.jpg

 

_MG_5715.JPG

 

FullSizeRender-3.jpg

 

IMG_1711.JPG

 

WagashiBonbons.

 

プリントしてみた。

インパクトが強かった。

そのプリントをまた撮った。

さらにアレンジが加わる…

 

クローズアップすると、

和菓子にしては小さい(撮るのが難しい)。

「和」って感じでもないことが分かる。そこが好き。

 

モチーフとしての和菓子の利点をたくさん発見できた。

 

まず、食べるのが好きだ。

 

1.食(フード)という好きを万華鏡にリンクできる。

これが1位。

2.四季折々 を表現できる。

しかも、実際に食材ではないのでそこまで旬にこだわらなくていい。

色バリエーションとして通年の展開ができる。

3.パーツを活かせる。

パレットにまとめていたけど正直微妙(使い道に迷ってた)で

うやむやにされていた大小さまざまなパーツ類の制作の幅が広がり、

効率よく使い切れる。

4.  冒険とリノベーションができる。

自分のパレットの固定観念を一旦壊し、

万華鏡としては好まれなさそうな色/鈍い中間色…例えば

きな粉色 黒蜜色 羊羹色 芋栗かぼちゃ色  みたらし団子色 ヨモギ餅色

どんな色も和菓子マジックにかけられる。そう、

5.  すべては「見かた」だ。

 

制作上は、ワイヤーからテグスへのシフトに達成感を得られた。

6.  しなやかなテグスは和の華奢さ(きゃささ…) に適し、

金属質による視野の煩わさせ(わずらわせ?)を減少させる。

つたない文。

 

 

 

もっと発見増えるかな〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| Objects Arrangements | 19:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
NOTICE
サイト内の文章・画像の無断転載・複製・改竄を禁じます。
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE