万華鏡専門ショップ「創心万華鏡」のブログです。
Polandからのお客様
P5035418.JPG 

ポーランドといえば
私のなかでは、映画の国 ケシェロフスキーの国 Solarisの原作者の国 だ。

'ふたりの…'
double personality of...

(観たか?)っていう質問途中で、

ベロニカ!ダイスキ!もう大好き(日本語) 
ベスト、マイ、ベストフィルム、インザワールドね!!

なーんて、着実に英語がド下手になっている〜
苦しい言い訳しちゃうと、スピーチよりヒアリングが得意です。

'ふたりのベロニカ' ほんとに好きなので興奮してしまいました。

(やっぱりポーランドのひとはみんな知ってるんだ…)














| overseas | 19:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
Sweedenからのお客様
P5174026.JPG 

スウェーデン男性(背が高いな〜)という印象をうけます。
成人男子平均身長がヨーロッパでオランダに次いで2番目とか。
(オランダなんだ…ふ〜ん)


| overseas | 18:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
Australiaからのお客様
P4085361.JPG

オーストラリア メルボルンよりお客様が来られました。
当店オリジナル新製品を大いに気に入られて、、、

May I...?
P4085363.JPG
へーイちょっと撮ろうとしてる私を撮るの!? 

アナログとデジタルの融合?
P4085365.JPG 





| overseas | 11:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
Croatia からのお客様
P1205111.JPGP1205112.JPG 

Day before this lady from Zagreb,Croatia came to our store,
We had father&son guest from Austraria.....

.....I like to know what's going on in the world and what happens in the world makes me overwhelmed everyday.

I'm glad that they liked it here and our products, anyway.










| overseas | 15:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
フィンランドからのお客様リターンズ
PC064983.JPG 
キルスティさん&マルミヴォ氏 御来店

まったくもう嬉しいです。
予告通りお揃いでいらして!

来月フィンランドにお帰りになって、来年の予定は分からないという事。
(帰国前に会えなくもないが、今約束はできない)
従って、「また」は言わない。maybe...とか言うのも時間の無駄。

笑顔で「気をつけてねっ!!」


だけでいい。


ストレート
包み隠さず
yes/no/結論を先に
適度にロジカル


私の理想の話し方です。
ストレートでロジカル、矛盾してますかね。





| overseas | 19:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
フィンランドからのお客様

DSCF2899.JPG
DSCF2903.JPG
キルスティ・マルミヴォ作:TONTU from FINLAND

北村幸信 作
松ぼっくりスライス
DSCF2902.JPGDSCF2905.JPG

DSCF2901.JPG

DSCF2890.JPG

camp fire

写真:ワタシ


フィンランドの友人、キルスティさんの個展が終了し、
予告通り、火曜日にお店で再会しました。

外国のお客様って誠実なんです。

ザッと見て、(この施設・お店)気に入ったから、
帰国前に一人で(最初、日本の方が同行して下さる事が多い)ゆっくり来るから。

いま手持ちが足りなくてクレジットも無いけど
これを買うから営業時間を教えて。

と言ったら、この日に来るとご指定された日に必ず戻ってきます。
また と言ったら また は催行されるのです。

だから日本人は不誠実、という意味ではありません。。。


そしてまた トントゥ

なのです。在庫を全部買わせていただきました。

そして 松ぼっくりスライス

文字通り、松ぼっくりをスライサーでスライスしただけの代物であり、
松ぽっくりをスライスしただけの自然の芸術 でもあります。

自分の中では、

貝 と並んで賞(称?)される自然の造形美かな と。



| overseas | 20:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
ルクセンブルグからのお客様
 
                                                                   葉山にて 水の話 追憶 2012.10.17


19日金曜日
外国人観光客の方がお越しになりました。お連れの方が、

Kaleidoscope

と言いながら入店された時には、
観光客さんは一足お先に入って見ていらしたので、

...yeah, but real-kaleidoscopes

「リアルカレイドスコープだ」
と小さくですが、感嘆の声。

購買スイッチがオンになったようです。
そのような瞬間が分かったり(当たり)分からなかったり(ハズレ)します。

最初から英語でお話されるので、英語圏のお国の方とばかり思っていましたら、
やり取りの過程で、なんとなく、(あ)と思って、
どちらからかお尋ねしましたところ、ルクセンブルグだとの事。

これまでに、私の把握する限りでは、

スペイン
フランス
アイルランド
イングランド
スイス、デンマーク、スウェーデン、

という欧州諸国の方々が歴訪して下さいました。
上から4ヶ国には、確実に万華鏡が上陸しています。

今回新たに ルク セン バ〜グ!



前から行ってみたい国なんです

何もないよ

(そう聞いてますけど)ええ、でも…(何かいいイメージ)...公用語は?

ルクセンブルグ語(!) 
だけど、ほとんどのルクセンブルグ人は4カ国語を常用してるんだ。というから驚きです。

それより驚きだったのは、
このお方、ガラスケースの中にひっそりと横たわっている細井さんの白い万華鏡に
いち早く目をつけられ、価格をお伝えしても動揺されなかったので
(金額だけで考えるなら高額の部類になると思います)、
どうぞ見てみて!と手渡したところ、
(本当に素晴らしい)という顔の表情だけしてみせたところです。
外観だけでどうして分かったのでしょうか。

旅行者の方は、
容量、素材(持ち運びに耐えうる強度か)、コストパフォーマンス、それから自分の好み、帰国のタイミングなど諸条件を踏まえ、総合的にコレ!というものをわりと即決しなくてはならず、これまでの傾向をみると、なんと申しましょうか、皆さん非常に「らしい」というか、シュミの良い選択をされているように思えます。

明日帰国すると言われていました。
細野さんの万華鏡がルクセンブルグに、、、



リアルカレイドスコープ       いいね!
 


追記:水の話 葉山の翌日に私の元を離れました。。。。。






| overseas | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
sight seeing with madame T.

生まれて初めて、おフランス人の観光ガイドをしました。
昨日、急に決まったんです。

ハタチ頃から世話になってる世話好きの年上の友達がいて、
その彼女がマダムと一緒にお店に昨日来られました。

彼女は1ドル360円時代にフランス留学経験をした才女で、
マダムはその彼女の恩師のような方で、今回40年振りの来訪だそう。

万華鏡に魅了されていました。

そして今日は彼女がどうしても仕事をしなくてはならず、
(私もやる事いっぱいだけど、大切な友人の大切な友人だし…)
という事で、
「嫌でなければ明日フリーだからお相手しましょうか」と言ってしまった。
彼女が、助かるー。と言って、マダムも乗り気の様子で、良かった。

本日のコース

12:30 日本橋高島屋 1Fエルメス前
→日本橋 はいばら(和紙)
→東京駅経由
→中華ランチ(crispy fried noodles with vegetables)←absolutely delicious.
→スカイバス(東京タワーとレインボーブリッジ)
→三菱一号館美術館 & CAFE1894(KATAGAMI Style展)←じつに良かった。
→新宿経由→友人と合流、イタリアンディナー

いろんな話をしました。

オペラが好きなのよ。
じゃ、オペラのどんな所が良いの?

フランスには料理専門チャンネルがあって、1日24時間料理料理料理ばかり流している。その一方で、児童のファストフード過剰摂取による肥満が問題になってるのよ。

昔、パリの街のど真ん中に,「パリのおなか」と言われている巨大マルシェがあったの。
けど、郊外に移転したの。

とか、
その素敵なジーンズはどこの?(長いフランス語名で覚えられなかった)。

フランスにあって、日本で見かけないフルーツは?

フランス人のお風呂感についてとか。

私:温泉ってサイコーじゃない?
マダム:(反応薄い)…お湯が熱過ぎる。
もう何年もバスタブに入っていない。シャワーオンリー。バスは水の無駄使いよね。
私:(絶句)だって風呂ってリラックスするでしょう?
マダム:ノー。リラックスより「グッタリ」する。
私:真冬とか寝る前に温まらなくていいの?
マダム:日本の家屋は普通、寒いでしょ。でもフランスはその問題が無いの。
私:バスタブはあるのよね?
マダム:ウィ、でもたまにベイビー(孫)を入れる程度。

とまあ、フランスの大人は基本、湯船には入りません。終了。
という感じ。水の無駄、って…。


楽しいデートだった!


プランがタイミングよく進行して、マダムに喜んでもらえて嬉しかった。
私こんなにチャーミングな御婦人と知り合えちゃっていいのかな?

J子さん、紹介してくれてありがとう。







 
| overseas | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
NOTICE
サイト内の文章・画像の無断転載・複製・改竄を禁じます。
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE